2010年08月16日

行政書士試験の受験者数

就活をする時には自己のアピールをすることが大事です。
しかし、やる気だけではなかなか採用されないのが現実です。
国家試験を受けて、その資格を取っておくことが大きなアピールになると考えられます。
現代では資格取得が人気を集めていますから、その一つである行政書士試験も受験者数が年々増加傾向にあります。
しかし、行政書士試験は国家資格の中でも難関ですから、受けたからと言って簡単に合格するものではありません。
行政書士試験は財団法人行政書士試験研究センターが実施しています。
そこのホームページを見ると年毎の受験者数の推移が掲載されています。
平成21年度のデータを見てみましょう。
受験者の総数は67,000人以上です。
しかし、その中で合格者は6,000人に留まっています。
合格率は10%に満たないということです。
行政書士試験は年齢や学歴、国籍などの制限がありませんから、誰でも受験できます。
10代の人も毎年1000人弱が受験しています。
年代別に見ると20代、30代が全体の3分の2を占めているのですが、この年代の受験者数はそれほど増加しているわけではありません。
それよりも、40代から60代の受験者数が増加しているようです。
これはリストラなどで失業した人が雇用の機会を求めて受験しているということでしょうか。
税理士の免許は持っているけれども、行政書士としての仕事もこなすために資格を取ろうと考えているのかもしれません。
行政書士の試験は難しいですから、全く知識のない人は数回のチャレンジが必要でしょう。
一度失敗しても諦めずに頑張ることが大事なのかもしれませんね。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験とは

法律関係の仕事に就こうと考えている人はいろいろな資格を持っておくことをお勧めします。
その一つとして行政書士があります。
これは行政書士試験に合格することで取得することができる資格です。
行政書士試験は例年難易度が高く、かなり勉強しなければ合格できません。
この行政書士試験について紹介しましょう。
行政書士と言う資格は国家資格です。
この資格を持たなければ行えない業務と言うものが法律で定められています。
内容的には国に申請するような手続きの書類作成が主なものです。
例えば、外国人の在留資格申請や、国籍取得の届け出、建築業法における建設業許可申請に関するもの、宅地建物取引業の免許手続きなどがあります。
もちろんこれらの仕事だけで生活できるかと言うと、それはなかなか難しいというのが一般的です。
行政書士の資格を持っているだけではだめですが、税理士や弁護士の免許を持っている人が大半と言うことなのです。
行政書士試験はかなり難易度が高いため、試験の傾向と対策を押さえておくことが大事です。
また、通信教育などを利用して勉強していくことも必要かもしれません。
行政書士の資格を取得することで就職にはかなり役立つと考えていいでしょう。
試験に合格するためには、法律の知識などを持っていなければならないからです。
その知識を有効に活用することによって、様々な仕事を行っていけるのです。
法律事務所などの社員に採用されやすいということです。
また、行政書士試験に合格したならば、税理士なども目指してみるといいでしょう。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験の解答速報

国家試験が行われると、その解答速報が通信教育サービスを提供している業者から発行されています。
人気があるけれども難易度が高い行政書士試験の解答速報もいろいろなところから提供されています。
もちろん、速報が必要でなければ行政書士試験研究センターのホームページに合格発表と同時に解答例が掲載されます。
試験の内容としては択一式が多くなっていますから、それはテキストなどを見ることでおおよその解答はわかるのではないでしょうか。
行政書士試験は難関ですから、一発で合格できる人は少ないと言えます。
通信教育講座を受講していても、不合格になる人が多いのです。
試験のポイントを押さえておくことが大事ですが、解答速報を見て来年度の試験に備えるということです。
行政書士試験は短期間で勉強するよりも、1年ぐらいをかけてコツコツと勉強する方が合格しやすいかもしれません。
合格者の体験談などは参考にはなるのですが、それを真似するだけではいけません。
自分のペースを知って、自分なりにアレンジすることが大事なのです。
2回以上のチャレンジならば、前回の試験で失敗したところを重点的に勉強しておくことが大事です。
就職や転職を考えている人にとっては行政書士試験で合格するかどうかは非常に大きな問題です。
自分の仕事の幅を広げることができるのが国家資格です。
自分の夢に向かって頑張らなければなりません。
行政書士の資格を持っていれば、将来必ず役に立つと考えて間違いありませんね。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。