2010年08月16日

行政書士試験セミナー

国家試験は毎年実施されていますが、なかなか合格できずに毎年のように受験している人がいます。
行政書士試験は難易度の高い国家試験ですから、そのような人が多くいます。
毎年行政書士試験を受けることは問題ないのですが、合格しないことの理由を考える必要がありますね。
行政書士と言う資格を持っていなければ、できない業務と言うものが法律で定められていますから、資格が取れないでいると仕事に支障をきたすケースもありますし、自分の仕事の幅を広げることができなくなるのです。
行政書士試験のセミナーなどを受けることは有益なのですが、それに頼っていてはいけません。
合格率が低いということは並大抵の努力では受からないということです。
インターネットでセミナーを検索してみると、勉強の仕方を教えるのではなく、いかにモチベーションを高めるかを説いているサイトもあるほどです。
一般的なテキストと過去問を解くだけではいけないのです。
試験そのものは300点満点の180点で合格です。
しかし、1割未満の人しか合格しないのですから、問題が難しいということになるのです。
過去の合格者を見てみると10代でも合格しています。
勉強のやり方、ポイントの押さえ方を的確にすれば合格すると言うことでしょう。
何度も受験していて、まだ合格していないのであれば、勉強方法に問題があると考えるべきでしょう。
多くの人がやっている勉強のやり方を真似るだけではいけないのです。
自分のスタイルに合ったやり方を習得するようにしましょう。
そうすればおのずと道は開けるのです。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。