2010年08月16日

行政書士試験の結果

最近の国家試験の結果はほとんどがインターネットで見ることができます。
行政書士試験を受けようと考えている人も、インターネットで調べてみるとよいでしょう。
行政書士試験は財団法人行政書士試験研究センターが行っています。
年に1回実施されていますが、合格率の低い難関の国家試験となっています。
試験結果はインターネットで見ることができます。
各都道府県別の受験者数、合格者数も掲載されています。
これを見ると、合格率の高い県と低い県があるようです。
その理由が特別にあるとは考えられませんが、全体的に低いのは間違いありません。
試験の内容は法令に関する知識を問う問題が3分の2以上を占めており、残りが一般知識となっています。
選択式と記述式を合わせて、合計点数300点満点です。
そのうちの180点以上で合格となります。
年齢別で見ると、20代と30代の受験者、合格者が多くなっています。
また、4分の1程度が女性と言うことです。
受験資格は特にありませんから、10代での受験で合格している人も毎年いるようです。
将来は法律関係に進みたいと考えているのであれば、若い時から勉強しておいて損はないでしょう。
また、40代の受験者数も多くなっていますが、これは業務上で必要になったためと考えられます。
行政書士試験の受験者数は毎年増加していましたが、平成15年ぐらいからは約9万人の横ばい状態です。
合格率は10%未満が続いているようです。
これから受験を考えているのであれば、これらの状況を踏まえた上で勉強しなければなりません。
一度で合格できなくても、何度でもチャレンジすることができます。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。