2010年08月16日

行政書士試験とは

法律関係の仕事に就こうと考えている人はいろいろな資格を持っておくことをお勧めします。
その一つとして行政書士があります。
これは行政書士試験に合格することで取得することができる資格です。
行政書士試験は例年難易度が高く、かなり勉強しなければ合格できません。
この行政書士試験について紹介しましょう。
行政書士と言う資格は国家資格です。
この資格を持たなければ行えない業務と言うものが法律で定められています。
内容的には国に申請するような手続きの書類作成が主なものです。
例えば、外国人の在留資格申請や、国籍取得の届け出、建築業法における建設業許可申請に関するもの、宅地建物取引業の免許手続きなどがあります。
もちろんこれらの仕事だけで生活できるかと言うと、それはなかなか難しいというのが一般的です。
行政書士の資格を持っているだけではだめですが、税理士や弁護士の免許を持っている人が大半と言うことなのです。
行政書士試験はかなり難易度が高いため、試験の傾向と対策を押さえておくことが大事です。
また、通信教育などを利用して勉強していくことも必要かもしれません。
行政書士の資格を取得することで就職にはかなり役立つと考えていいでしょう。
試験に合格するためには、法律の知識などを持っていなければならないからです。
その知識を有効に活用することによって、様々な仕事を行っていけるのです。
法律事務所などの社員に採用されやすいということです。
また、行政書士試験に合格したならば、税理士なども目指してみるといいでしょう。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。