2010年08月16日

行政書士試験と学校

国家資格を取得していると就職に有利であることは間違いありません。
行政書士試験もその一つとして紹介されています。
しかし、行政書士試験は法律関係の資格の中でも難関と言われています。
毎年の合格率は10%未満なのです。
行政書士試験を受験しようと考えているのであれば、そのための学校に行くことが一番いいかもしれません。
特に法律関係に全くの素人で受験するのであれば、簡単に合格できるわけではないからです。
単に就職に有利だからという理由で行政書士試験を受験する人がいるのかどうかはわかりません。
短期間の勉強だけで合格することは稀なのです。
たいていの人が2,3回受験してやっと合格しているのが現実だからです。
行政書士試験のための専門学校もあります。
しかし、専門学校に行ったからと言って試験の一部が免除になることはありません。
他の資格であれば専門学校卒業によって筆記試験が免除と言ったケースが多いのです。
行政書士試験の内容は通常の業務からかけ離れていると言われています。
そのために特別に勉強しなければならないということです。
通信教育講座もたくさんの企業が開設しています。
どの講座を選ぶにしても、自分がどのような態度で受験に臨むかが大切なのではないでしょうか。
これから、受験を考えているのであればその点を明確にしてください。
そうすれば、おのずと勉強の方法が見えてくるのです。
そしてその方法にしたがって頑張るしかないのです。
短期間での勉強でも、裏技のような魔法はありません。
集中して勉強するしかないということです。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。