2010年08月16日

行政書士会

行政書士試験は法律関係の難しい試験であるという認識が多くの人にあるようです。
もちろんそれは間違いではありません。
行政書士試験の合格率は毎年1割未満だからです。
行政書士試験に合格したならば、行政書士の資格を与えられます。
行政書士会は行政書士相互の連絡を取り合い、行政書士の業務改善を目的としている法人です。
行政書士試験のことはよく知られていますが、行政書士の仕事内容について正しく理解している人は少ないのではないでしょうか。
行政書士の仕事は他の多くの仕事と同じように、時代とともに内容が変化しています。
単に国への申請書の代筆と言ったことだけで行政書士の仕事が成り立っているわけではありません。
代筆は仕事の一部でしかないということです。
行政書士試験を受ける目的は何ですか。
就職に有利なように国家資格を取得したいのですか。
それとも行政書士になりたいと考えているのですか。
明確な自分の将来像が見えている人は少ないでしょうが、行政書士が実際にどのような仕事をしているのかを知ることは有意義ではないでしょうか。
行政書士会のホームページを見てみましょう。
行政書士が法律関係の仕事の中で果たす役割が示されています。
最近の社会状況に応じて、その業務内容が変化していることも書かれています。
試験に合格するかどうはわかりませんが、その仕事内容を知ることによって自分のモチベーションを高めることができるはずです。
多くの人は行政書士試験内容だけを熟知して、行政書士の仕事のことを考えていないようです。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。