2010年08月16日

行政書士試験の講評

資格の合否はノートで決まると言われています。
行政書士試験の勉強方法については自分のやり方を変えていくことも大事です。
行政書士試験が今までどのような観点から出題されてきたのかを理解することによって、その勉強方法を考えていかなければならないのです。
行政書士試験のための通信教育講座などはたくさんあります。
しかし、受験者数に対する合格率は毎年変わっていません。
簡単には合格できないと言うことなのです。
あなたがこれから行政書士試験を受けようと考えているのであれば、テキストを購入する前にまずはどのような勉強をすればいいのかを知ることから始めましょう。
インターネットで行政書士試験を検索してみましょう。
そうすればたくさんのサイトが表示されるでしょう。
多くの人は通信教育で学ぼうと考えるのではないでしょうか。
もちろん、通信教育が悪いわけではありません。
しかし、合格率が低いのですから、多くの人がやっている勉強で問題ないのかを考えることも大事なのです。
過去問の一つ一つに講評しているサイトがあります。
それを読むとためになるのではないでしょうか。
実際の試験においては、すべての問題に正解を出す必要はありません。
解けない問題や難しい問題は後回しにしてよいのです。
それぞれの問題が難しいのか基本的な問題なのかを知ることは非常に重要です。
それによって、試験の時の時間配分も変わってくるからです。
行政書士試験の講師をしている人ならばそれがわかっているのです。
受験のための勉強と言うことになるのかもしれませんが、それで行政書士になれるのですから、割り切って勉強を進めてください。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。