2010年08月16日

行政書士試験の体験記

国家試験を受験する時には事前にいろいろな情報を入手しておく方がいいでしょう。
法律関係の国家試験である行政書士試験においても、それは同じことです。
行政書士試験は毎年合格率が1割未満の難関試験です。
行政書士試験の過去問はホームページや書籍を購入すればわかります。
しかし、実際にどのように勉強を進めていけばいいのかは体験した人のブログやメールなどが参考になるのです。
最近は資格取得ブームと言われていますが、行政書士試験を受ける人も年々増加しています。
合格率は変わりませんから、通常の勉強だけでは簡単に合格することはできないでしょう。
多くの人がどのような勉強方法を取っているのかを知ることも大事ですが、実際に合格した人の体験が一番ためになるはずです。
その体験談を読んだり、聞いたりすることで自分に不足しているものを考えてください。
人と同じようにやっても、合格できるとは限りません。
多くの人は勉強の方法はわかっているのに、それができないために合格できないのです。
一度不合格になって、再度の挑戦の人も多いでしょう。
それならばなおさら勉強のやり方を変えていくことが大事です。
勉強方法が去年と同じなら、結果も同じになる可能性が高いからです。
誰でも一発で合格したいと考えているでしょう。
しかし、それは一部の人にしかできないことかもしれません。
もちろん、最初からあきらめていては合格するのは無理です。
自分にできることやり遂げることが大事です。
法律のことを広く勉強するよりも、合格のための勉強に絞り込んでみる方が合格し易いようです。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。