2010年08月16日

通信教育と行政書士試験

国家資格を取得しようと考える時には、どのような勉強方法を取ったらよいでしょうか。
一番確実な方法は通信教育かもしれません。
時間や場所に縛られることなく、勉強ができるからです。
それに対して、独学であれば試験の概要や傾向と対策まで自分で理解しながら勉強しなければなりません。
それだけ時間がかかると言うことでしょう。
通信教育で行政書士試験の勉強をする時にはたくさんの通信教育の業者がいますからじっくりと選ぶ必要があります。
それぞれの長所短所が明確にわかるわけではありませんが、インターネットの口コミなどを参考にするとよいでしょう。
行政書士試験に限らず、勉強と言うものは個人毎に少しずつ違っています。
人と同じ方法を取ったとしても合格できるかどうかはわからないのです。
行政書士の試験は合格率が10%未満の難関です。
まぐれで合格する性質の資格ではありません。
ですから、多くの人が学んでいる通信教育を選択することがいいのではないでしょうか。
業者によって月謝も異なっています。
サポート体制も違っているでしょう。
自分のレベルがどのくらいなのかによっても、選択すべき業者は変わってきます。
基礎がある人なら独学と言う選択もあるはずです。
法律の基本から学ばなければならないのであれば、通信教育でも難しいかもしれません。
法律の用語や裁判の流れなどが問題の中に出てきますから、それは基礎知識として持っておかなければならないのです。
多くの人が合格を目指して頑張っています。
あなたも合格するまであきらめずに頑張ってください。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。