2010年08月16日

行政書士試験の成功

どのような試験であっても、それに受かるためのテクニックだけを考えている人がいます。
行政書士試験でもそのテクニックを使えば、短期間で行政書士試験に合格できると言う人もいるのです。
それが本当かどうかは別としても、個人の能力差がありますからすべての人が同じやり方で成功するとは言えないのです。
行政書士試験がその資格を取ると言うことだけのためにあるのであれば、それでもいいのかもしれません。
しかし、行政書士の資格は行政書士としての業務をするためのものであることを忘れてはいけません。
もちろん、資格を取ることで就職に有利になることは十分考えられますが、それだけで終わらせてはいけないのです。
多くの人が合格目指して勉強しているのですが、10人に一人ぐらいしか合格していません。
それだけ、難しいということでしょう。
勉強の仕方が悪いと言う場合もあります。
試験のための勉強をしなければ、どんなに頑張っても合格できません。
つまり、テクニックだけに固執することは問題でしょうが、傾向と対策を怠ることも問題なのです。
行政書士を目指している人にとっては、行政書士の試験は第一関門に過ぎないのです。
そこで無用な労力を使う必要はありません。
しかし、勉強したことは知識となりますから、全くの無駄ではないはずなのです。
試験に合格して、どのような道に進むのかはわかりませんが、勉強で得た知識を自分のものにすることが大事です。
自分の将来の姿を思い浮かべながら、試験の勉強を進めることで成功への道が見えてくるかもしれません。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。