2010年08月16日

行政書士試験センター

行政書士を目指そうとしているのであれば、まずは行政書士試験に合格しなければなりません。
行政書士になるためにはいくつかの方法があるのですが、その一つとして行政書士試験に合格することがあります。
この行政書士試験と言うのは財団法人の行政書士試験研究センターが行っているものです。
総務大臣による試験機関として認定されているのはこの試験センターだけです。
平成12年からその業務を始めています。
各都道府県において行政書士試験を実施する委託業務も行っているのです。
この方式は今後も変わることはないと考えられますから、実質的に行政書士試験研究センターが試験内容を決定し、実施していくということです。
財団法人ですから、業界からの寄付によって運営が行われています。
また、試験による収入もあります。
行政書士の試験を受ける人が最近は多くなってきましたから、その試験収入も比例して多くなっていると言われています。
試験センターを運営している理事たちはほとんどが行政書士であるか、税理士などの資格を持った人です。
行政士試験はその年によって国の政策が変われば、試験内容も変わってきます。
多くの人が受験するのですから、過去の問題や受験に関する情報を広く周知することが求められています。
現代の就職状況を考えた時に、行政書士の資格を持っていることは非常に重要なことと言えるでしょう。
また、大学で学んでいる人であれば行政書士の資格を取ることを考えておきましょう。
実際の就職がどのような方面であっても、法律に関することを知識として持っていることが強みになるのです。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。