2010年08月16日

行政書士試験の結果

最近の国家試験の結果はほとんどがインターネットで見ることができます。
行政書士試験を受けようと考えている人も、インターネットで調べてみるとよいでしょう。
行政書士試験は財団法人行政書士試験研究センターが行っています。
年に1回実施されていますが、合格率の低い難関の国家試験となっています。
試験結果はインターネットで見ることができます。
各都道府県別の受験者数、合格者数も掲載されています。
これを見ると、合格率の高い県と低い県があるようです。
その理由が特別にあるとは考えられませんが、全体的に低いのは間違いありません。
試験の内容は法令に関する知識を問う問題が3分の2以上を占めており、残りが一般知識となっています。
選択式と記述式を合わせて、合計点数300点満点です。
そのうちの180点以上で合格となります。
年齢別で見ると、20代と30代の受験者、合格者が多くなっています。
また、4分の1程度が女性と言うことです。
受験資格は特にありませんから、10代での受験で合格している人も毎年いるようです。
将来は法律関係に進みたいと考えているのであれば、若い時から勉強しておいて損はないでしょう。
また、40代の受験者数も多くなっていますが、これは業務上で必要になったためと考えられます。
行政書士試験の受験者数は毎年増加していましたが、平成15年ぐらいからは約9万人の横ばい状態です。
合格率は10%未満が続いているようです。
これから受験を考えているのであれば、これらの状況を踏まえた上で勉強しなければなりません。
一度で合格できなくても、何度でもチャレンジすることができます。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験の勉強

試験の勉強と言うものは孤独なものです。
通信教育や専門の学校に通っていても、最終的には自分との闘いになるのです。
行政書士試験の合格を目指している人も同じことです。
特にこの行政書士試験は難易度が高いですから、より厳しいと言えるでしょう。
年に1度のチャンスしかありませんから、試験を受けようと決めた時から計画的に勉強を始めなければなりません。
試験の出題範囲はかなり広いですから、1年ですべてを網羅することは難しいのかもしれません。
それでも、合格を目指すからには頑張らなければならないのです。
行政書士試験の勉強を考える時に最初にすることは、勉強の計画を立てることです。
試験日までにどのようなことをやっていくかを大まかに決めます。
もちろん、その通りに行かないこともあるでしょうが、まずは目標を掲げることが大事なのです。
計画を立てる時には無理をする必要はありません。
自分ができる範囲で余裕を持っておきましょう。
自分のペースを知ると言うことが、長い受験勉強には大事なのです。
行政書士試験などはその時の国の方針によって、制度が変わることもあります。
そのような時には試験の内容も変わってきますから、注意しておくことが大事ですね。
古い参考書ではなく最新の参考書を入手しておきましょう。
毎日コツコツとやっていかなければ頭に入ってこない基本的な事項もあります。
それらはなるべく早い時期にクリアーしておきたいものです。
試験のための勉強は早いほどいいのですが、一発合格ではなく2,3年をかけて合格することを念頭に置くこともいいでしょう。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

独学の行政書士試験

インターネットなどを見ていますと、独学でいろいろな資格を取得した人のサイトがあります。
行政書士試験についても、独学で合格することは可能です。
しかし、行政書士試験は資格試験の中でもかなり難易度が高い部類に入ります。
ですから、独学で行政書士試験に合格しようと考えるのであればそれなりの覚悟が必要と言うことです。
行政書士試験は年に1回実施されていますが、合格率は10%未満です。
通常のテキストなどで勉強することはできますが、最新の法律問題などについても情報を収集しておくことが大事です。
どのような勉強方法を取れば、合格するかは個人の資質によっても変わってきます。
したがって、合格者の経験談などのサイトを見たからと言って、それを真似るだけでは合格できないのです。
そのサイトを参考にしながら、自分なりの勉強方法を考えると言うことが大切なことなのです。
一般的な試験を考えた時でも、合格率が10%なのですから普通のやり方では合格しません。
法律のことをあまり知らない人であれば、基本から学ぶ必要がありますからその苦労はかなりなものになるかもしれません。
本屋さんなどで行政書士試験のテキストをいろいろと見てみましょう。
自分にとって使いやすいものを選ぶことが大事ですね。
最近の試験の傾向をよく把握することも大事です。
過去問を解くことでどのような能力が要求されているかを知ることができます。
あなたもこれから行政書士試験にチャレンジするのであれば、内容をよく理解して頑張ることが大事です。
途中でくじけそうになるかもしれませんが、決してあきらめないでください。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。