2010年08月16日

行政書士試験のテキスト

独学で国家試験に合格しようと考えているのであれば、まずはテキスト選びが大切です。
もちろん一つだけでは不十分でしょう。
行政書士試験のためのテキストと言うものはたくさんあります。
多くの人が行政書士試験を受験しているのです。
テキストにはいろいろなタイプがありますから、それぞれのメリットを考えておきましょう。
テキストを選ぶ時にはインターネットなどで検索してみましょう。
過去の合格者などの参考意見を読むとためになるのではないでしょうか。
多くの人が同じような勉強をしているのですが、簡単に合格できていません。
どのような勉強方法が一番効果的なのかを調べることが大事です。
人がやっている勉強がそのまま自分に当てはまるわけではありませんが、参考にできることは間違いありませんね。
言えることはテキストをたくさん買っても勉強がはかどるわけではありません。
自分が使いやすいテキストと言うものを見つけることが大事です。
また、行政書士試験の内容によって深く知っておかなければならないことが多くなってきました。
裁判の判例集なども必要になります。
それぞれの索引などがあれば勉強する時に役立つのではないでしょうか。
自分が不得意としている分野がわかっているのであれば、その方面のテキストを充実させるとよいでしょう。
どのようなテキストを購入しても、自分のやり方を作り上げることが大事です。
過去における合格者の人の勉強はどのようなやり方をするかと言うことをしっかりと身につけているということかもしれませんね。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験セミナー

国家試験は毎年実施されていますが、なかなか合格できずに毎年のように受験している人がいます。
行政書士試験は難易度の高い国家試験ですから、そのような人が多くいます。
毎年行政書士試験を受けることは問題ないのですが、合格しないことの理由を考える必要がありますね。
行政書士と言う資格を持っていなければ、できない業務と言うものが法律で定められていますから、資格が取れないでいると仕事に支障をきたすケースもありますし、自分の仕事の幅を広げることができなくなるのです。
行政書士試験のセミナーなどを受けることは有益なのですが、それに頼っていてはいけません。
合格率が低いということは並大抵の努力では受からないということです。
インターネットでセミナーを検索してみると、勉強の仕方を教えるのではなく、いかにモチベーションを高めるかを説いているサイトもあるほどです。
一般的なテキストと過去問を解くだけではいけないのです。
試験そのものは300点満点の180点で合格です。
しかし、1割未満の人しか合格しないのですから、問題が難しいということになるのです。
過去の合格者を見てみると10代でも合格しています。
勉強のやり方、ポイントの押さえ方を的確にすれば合格すると言うことでしょう。
何度も受験していて、まだ合格していないのであれば、勉強方法に問題があると考えるべきでしょう。
多くの人がやっている勉強のやり方を真似るだけではいけないのです。
自分のスタイルに合ったやり方を習得するようにしましょう。
そうすればおのずと道は開けるのです。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験への合格

どのような試験でも合格者の声を聞くと言うことは非常に有益なことです。
行政書士試験を目指しているのであれば、合格者がどのような勉強をやっていたのかを知ることが大事です。
行政書士試験は難易度が高いですから独学だけで合格を目指すのは大変厳しいと言えるでしょう。
通信教育などで基礎から学ぶことも大事です。
行政書士試験の通信教育もたくさんあります。
その中のどれがいいのかといった質問は多くありますが、それは自分で決めなければなりません。
行政書士の合格を目指すならば、一発で合格した人がやっていたことを真似すればいいのでしょうか。
答えは否です。
つまり、人のやり方を真似しても合格するわけではないのです。
これは当たり前のことですが、ほとんどの人は勘違いをしているようです。
合格者が多い通信教育を選べば自動的に合格できるのであれば、みんなその通信教育を選ぶでしょう。
現実はそうではないのですから、自分なりの勉強方法をする必要があるのです。
行政書士試験は難関ですから、適当な勉強で受かるはずはありません。
ですから、自分なりの勉強方法を考え出さなければならないのです。
テキストとしては通信教育の本で十分でしょう。
後はやり方の問題です。
ターゲットとなる試験日は決まっていますから、その日に向かってスケジュールを立てましょう。
これからの時代は自分で切り開いていく人が成功するはずです。
人の成功を真似するだけでは途中で行き詰ってしまうのです。
あなたはどちらの道を選びますか。
本当に行政書士試験に合格したいと考えているのであれば、道は決まっているでしょう。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験の結果

最近の国家試験の結果はほとんどがインターネットで見ることができます。
行政書士試験を受けようと考えている人も、インターネットで調べてみるとよいでしょう。
行政書士試験は財団法人行政書士試験研究センターが行っています。
年に1回実施されていますが、合格率の低い難関の国家試験となっています。
試験結果はインターネットで見ることができます。
各都道府県別の受験者数、合格者数も掲載されています。
これを見ると、合格率の高い県と低い県があるようです。
その理由が特別にあるとは考えられませんが、全体的に低いのは間違いありません。
試験の内容は法令に関する知識を問う問題が3分の2以上を占めており、残りが一般知識となっています。
選択式と記述式を合わせて、合計点数300点満点です。
そのうちの180点以上で合格となります。
年齢別で見ると、20代と30代の受験者、合格者が多くなっています。
また、4分の1程度が女性と言うことです。
受験資格は特にありませんから、10代での受験で合格している人も毎年いるようです。
将来は法律関係に進みたいと考えているのであれば、若い時から勉強しておいて損はないでしょう。
また、40代の受験者数も多くなっていますが、これは業務上で必要になったためと考えられます。
行政書士試験の受験者数は毎年増加していましたが、平成15年ぐらいからは約9万人の横ばい状態です。
合格率は10%未満が続いているようです。
これから受験を考えているのであれば、これらの状況を踏まえた上で勉強しなければなりません。
一度で合格できなくても、何度でもチャレンジすることができます。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験の勉強

試験の勉強と言うものは孤独なものです。
通信教育や専門の学校に通っていても、最終的には自分との闘いになるのです。
行政書士試験の合格を目指している人も同じことです。
特にこの行政書士試験は難易度が高いですから、より厳しいと言えるでしょう。
年に1度のチャンスしかありませんから、試験を受けようと決めた時から計画的に勉強を始めなければなりません。
試験の出題範囲はかなり広いですから、1年ですべてを網羅することは難しいのかもしれません。
それでも、合格を目指すからには頑張らなければならないのです。
行政書士試験の勉強を考える時に最初にすることは、勉強の計画を立てることです。
試験日までにどのようなことをやっていくかを大まかに決めます。
もちろん、その通りに行かないこともあるでしょうが、まずは目標を掲げることが大事なのです。
計画を立てる時には無理をする必要はありません。
自分ができる範囲で余裕を持っておきましょう。
自分のペースを知ると言うことが、長い受験勉強には大事なのです。
行政書士試験などはその時の国の方針によって、制度が変わることもあります。
そのような時には試験の内容も変わってきますから、注意しておくことが大事ですね。
古い参考書ではなく最新の参考書を入手しておきましょう。
毎日コツコツとやっていかなければ頭に入ってこない基本的な事項もあります。
それらはなるべく早い時期にクリアーしておきたいものです。
試験のための勉強は早いほどいいのですが、一発合格ではなく2,3年をかけて合格することを念頭に置くこともいいでしょう。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

独学の行政書士試験

インターネットなどを見ていますと、独学でいろいろな資格を取得した人のサイトがあります。
行政書士試験についても、独学で合格することは可能です。
しかし、行政書士試験は資格試験の中でもかなり難易度が高い部類に入ります。
ですから、独学で行政書士試験に合格しようと考えるのであればそれなりの覚悟が必要と言うことです。
行政書士試験は年に1回実施されていますが、合格率は10%未満です。
通常のテキストなどで勉強することはできますが、最新の法律問題などについても情報を収集しておくことが大事です。
どのような勉強方法を取れば、合格するかは個人の資質によっても変わってきます。
したがって、合格者の経験談などのサイトを見たからと言って、それを真似るだけでは合格できないのです。
そのサイトを参考にしながら、自分なりの勉強方法を考えると言うことが大切なことなのです。
一般的な試験を考えた時でも、合格率が10%なのですから普通のやり方では合格しません。
法律のことをあまり知らない人であれば、基本から学ぶ必要がありますからその苦労はかなりなものになるかもしれません。
本屋さんなどで行政書士試験のテキストをいろいろと見てみましょう。
自分にとって使いやすいものを選ぶことが大事ですね。
最近の試験の傾向をよく把握することも大事です。
過去問を解くことでどのような能力が要求されているかを知ることができます。
あなたもこれから行政書士試験にチャレンジするのであれば、内容をよく理解して頑張ることが大事です。
途中でくじけそうになるかもしれませんが、決してあきらめないでください。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験の受験者数

就活をする時には自己のアピールをすることが大事です。
しかし、やる気だけではなかなか採用されないのが現実です。
国家試験を受けて、その資格を取っておくことが大きなアピールになると考えられます。
現代では資格取得が人気を集めていますから、その一つである行政書士試験も受験者数が年々増加傾向にあります。
しかし、行政書士試験は国家資格の中でも難関ですから、受けたからと言って簡単に合格するものではありません。
行政書士試験は財団法人行政書士試験研究センターが実施しています。
そこのホームページを見ると年毎の受験者数の推移が掲載されています。
平成21年度のデータを見てみましょう。
受験者の総数は67,000人以上です。
しかし、その中で合格者は6,000人に留まっています。
合格率は10%に満たないということです。
行政書士試験は年齢や学歴、国籍などの制限がありませんから、誰でも受験できます。
10代の人も毎年1000人弱が受験しています。
年代別に見ると20代、30代が全体の3分の2を占めているのですが、この年代の受験者数はそれほど増加しているわけではありません。
それよりも、40代から60代の受験者数が増加しているようです。
これはリストラなどで失業した人が雇用の機会を求めて受験しているということでしょうか。
税理士の免許は持っているけれども、行政書士としての仕事もこなすために資格を取ろうと考えているのかもしれません。
行政書士の試験は難しいですから、全く知識のない人は数回のチャレンジが必要でしょう。
一度失敗しても諦めずに頑張ることが大事なのかもしれませんね。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験とは

法律関係の仕事に就こうと考えている人はいろいろな資格を持っておくことをお勧めします。
その一つとして行政書士があります。
これは行政書士試験に合格することで取得することができる資格です。
行政書士試験は例年難易度が高く、かなり勉強しなければ合格できません。
この行政書士試験について紹介しましょう。
行政書士と言う資格は国家資格です。
この資格を持たなければ行えない業務と言うものが法律で定められています。
内容的には国に申請するような手続きの書類作成が主なものです。
例えば、外国人の在留資格申請や、国籍取得の届け出、建築業法における建設業許可申請に関するもの、宅地建物取引業の免許手続きなどがあります。
もちろんこれらの仕事だけで生活できるかと言うと、それはなかなか難しいというのが一般的です。
行政書士の資格を持っているだけではだめですが、税理士や弁護士の免許を持っている人が大半と言うことなのです。
行政書士試験はかなり難易度が高いため、試験の傾向と対策を押さえておくことが大事です。
また、通信教育などを利用して勉強していくことも必要かもしれません。
行政書士の資格を取得することで就職にはかなり役立つと考えていいでしょう。
試験に合格するためには、法律の知識などを持っていなければならないからです。
その知識を有効に活用することによって、様々な仕事を行っていけるのです。
法律事務所などの社員に採用されやすいということです。
また、行政書士試験に合格したならば、税理士なども目指してみるといいでしょう。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験の解答速報

国家試験が行われると、その解答速報が通信教育サービスを提供している業者から発行されています。
人気があるけれども難易度が高い行政書士試験の解答速報もいろいろなところから提供されています。
もちろん、速報が必要でなければ行政書士試験研究センターのホームページに合格発表と同時に解答例が掲載されます。
試験の内容としては択一式が多くなっていますから、それはテキストなどを見ることでおおよその解答はわかるのではないでしょうか。
行政書士試験は難関ですから、一発で合格できる人は少ないと言えます。
通信教育講座を受講していても、不合格になる人が多いのです。
試験のポイントを押さえておくことが大事ですが、解答速報を見て来年度の試験に備えるということです。
行政書士試験は短期間で勉強するよりも、1年ぐらいをかけてコツコツと勉強する方が合格しやすいかもしれません。
合格者の体験談などは参考にはなるのですが、それを真似するだけではいけません。
自分のペースを知って、自分なりにアレンジすることが大事なのです。
2回以上のチャレンジならば、前回の試験で失敗したところを重点的に勉強しておくことが大事です。
就職や転職を考えている人にとっては行政書士試験で合格するかどうかは非常に大きな問題です。
自分の仕事の幅を広げることができるのが国家資格です。
自分の夢に向かって頑張らなければなりません。
行政書士の資格を持っていれば、将来必ず役に立つと考えて間違いありませんね。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験のメール

あなたはメールマガジンを活用していますか。
趣味や遊びのためのメールマガジンだけではなく、資格取得などの実益に役立つメールマガジンもあります。
国家試験として年々受験者数が増加している行政書士試験のメールマガジンもあります。
行政書士試験は難関なのですが、一般的な法律の知識を身につけるだけでは合格できません。
試験のための勉強をすることが合格への一番の早道なのです。
メールマガジンを読んで1カ月で合格する方法を伝授してもらうといいかもしれません。
間違った方法で勉強していても、簡単には合格できませんし、何よりも時間と労力の無駄と言えるかもしれません。
法律のこと全般を知っておくことは大事なのですが、試験に合格するための勉強は全く違っていると考えるべきなのです。
良し悪しは別として、試験に合格するための勉強法を知っておくことは非常に大事なのです。
試験の勉強がそのまま法律の勉強になるとは限りません。
行政書士試験に出てくる内容と実際の業務との差は大きいと言われています。
つまり、法律の勉強をしたからと言って合格するわけではないということです。
過去の問題を解析して、傾向と対策を知ることによって短期間の勉強で合格することは有意義なことなのです。
試験に合格してから、実務の勉強をすればいいのです。
時間をかけてコツコツと勉強するよりも、短期集中で合格への道を進みましょう。
そのためにはメールなどでポイントを押さえておく必要があります。
何の考えもなしに合格することはあり得ないのです。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験の掲示板

行政書士試験を受けたことのある人なら掲示板などの書き込みも読んだことがあるのではないでしょうか。
多くの人が毎年行政書士試験を受験しています。
しかし、1割未満の合格率しかありません。
資格取得が世の中のブームのように言われています。
そしてそのための教材を提供している通信教育講座がたくさんあるのです。
それなのに、合格率が低いままということは何を意味しているのでしょうか。
通信教育だけをやっていても合格しないということかもしれません。
つまり、試験の勉強方法を間違っているのかもしれませんね。
掲示板などでは自由な書き込みができますから、そのような考えを持っている人も多いようです。
一般的な法律の知識を詰め込むだけでは行政書士試験に合格することはできないのです。
試験の傾向と対策をじっくり練っておくことが合格への早道と言えるのです。
試験に出てくる内容がそのまま実務に生かせると考えてはいけません。
つまり、仕事として行政書士のサポートなどをしている人でも勉強しなければ行政書士試験に合格することはできないのです。
国家試験と言うものは大抵がその傾向にあります。
実務から離れて試験のことを考えてみましょう。
掲示板を読んでみることは、そのような視点を持つという意味でも有意義なことです。
それではどのような勉強が合格しやすいのでしょうか。
掲示板などは参考にはなるでしょうが、それを自分ができるのかは自分で判断しなければなりません。
自分なりの勉強方法を考え出さなければならないのです。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験と学校

国家資格を取得していると就職に有利であることは間違いありません。
行政書士試験もその一つとして紹介されています。
しかし、行政書士試験は法律関係の資格の中でも難関と言われています。
毎年の合格率は10%未満なのです。
行政書士試験を受験しようと考えているのであれば、そのための学校に行くことが一番いいかもしれません。
特に法律関係に全くの素人で受験するのであれば、簡単に合格できるわけではないからです。
単に就職に有利だからという理由で行政書士試験を受験する人がいるのかどうかはわかりません。
短期間の勉強だけで合格することは稀なのです。
たいていの人が2,3回受験してやっと合格しているのが現実だからです。
行政書士試験のための専門学校もあります。
しかし、専門学校に行ったからと言って試験の一部が免除になることはありません。
他の資格であれば専門学校卒業によって筆記試験が免除と言ったケースが多いのです。
行政書士試験の内容は通常の業務からかけ離れていると言われています。
そのために特別に勉強しなければならないということです。
通信教育講座もたくさんの企業が開設しています。
どの講座を選ぶにしても、自分がどのような態度で受験に臨むかが大切なのではないでしょうか。
これから、受験を考えているのであればその点を明確にしてください。
そうすれば、おのずと勉強の方法が見えてくるのです。
そしてその方法にしたがって頑張るしかないのです。
短期間での勉強でも、裏技のような魔法はありません。
集中して勉強するしかないということです。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士会

行政書士試験は法律関係の難しい試験であるという認識が多くの人にあるようです。
もちろんそれは間違いではありません。
行政書士試験の合格率は毎年1割未満だからです。
行政書士試験に合格したならば、行政書士の資格を与えられます。
行政書士会は行政書士相互の連絡を取り合い、行政書士の業務改善を目的としている法人です。
行政書士試験のことはよく知られていますが、行政書士の仕事内容について正しく理解している人は少ないのではないでしょうか。
行政書士の仕事は他の多くの仕事と同じように、時代とともに内容が変化しています。
単に国への申請書の代筆と言ったことだけで行政書士の仕事が成り立っているわけではありません。
代筆は仕事の一部でしかないということです。
行政書士試験を受ける目的は何ですか。
就職に有利なように国家資格を取得したいのですか。
それとも行政書士になりたいと考えているのですか。
明確な自分の将来像が見えている人は少ないでしょうが、行政書士が実際にどのような仕事をしているのかを知ることは有意義ではないでしょうか。
行政書士会のホームページを見てみましょう。
行政書士が法律関係の仕事の中で果たす役割が示されています。
最近の社会状況に応じて、その業務内容が変化していることも書かれています。
試験に合格するかどうはわかりませんが、その仕事内容を知ることによって自分のモチベーションを高めることができるはずです。
多くの人は行政書士試験内容だけを熟知して、行政書士の仕事のことを考えていないようです。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験と資格

世の中は資格ブームです。
資格を取ることが就職においては大事なことだとテレビでも宣伝しているからでしょうか。
多くの人が持っているような資格であれば、あまり価値は高くありません。
また、難易度は高くても実際の仕事には役立たない資格もあります。
行政書士試験に合格して、行政書士の資格を取った時に就職に有利になるのでしょうか。
まず、行政書士の資格がなければできない業務と言うものが法律で決められています。
ですから、その業務を行っている企業では、すでに行政書士の資格を持っている人がいるはずなのです。
あなたがいなければ業務が進まないと言う状況になることはないでしょう。
しかし、行政書士の仕事は誰にでも任せられませんから、資格を持っていることでだんだんと仕事を任せてもらえるようになる可能性は高いのです。
資格がなければ任せること自体が不可能なのです。
資格を持っていることですぐに仕事に役立つと考えてはいけません。
世の中はそれほど甘くないからです。
行政書士試験のメリットは一度資格を取ってしまえば、それが一生通用する点です。
将来の職業がまだ決まっていないのであれば、いろいろな資格を取得することがいいでしょう。
それがいつか思いがけず役に立つ日が来るかもしれません。
目先のことだけを考えて、資格を取ることはあまりお勧めしません。
もっと長い目で自分の仕事を考えてください。
そうすることによって、自分に合った資格が見えて来るかもしれません。
また、仕事をしながら別の資格にチャレンジすると言うこともいいのではないでしょうか。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験と就職

行政書士試験の受験者を年齢別に見てみますと、50代、60代でも多くの人が受験していることがわかります。
これはどういう理由なのでしょうか。
行政書士試験で合格することによって、再就職が有利になるとか、仕事の幅を広げることができると言ったことが考えられます。
そのために行政書士試験を受験しようと考えている人が多いのです。
定年間近になってから勉強を始めることは大変かもしれませんが、それはやる気次第だと考えていいでしょう。
就職をするために資格を取ろうと考えること自体が、とても素晴らしいことではないでしょうか。
どのような資格が就職に有利になるかを考えてみることも大事です。
そのような観点から考えると、行政書士試験はあまり役に立たないと言われています。
それは税理士や公認会計士がいる事務所では、すでに行政書士の資格を持っている人がいるという現実があるからです。
しかし、一人で行政書士をやっている場合であればそのサポート要員を募集しているというケースも少なくないようです。
いずれにしても、就職するためには資格を持っている方が有利になります。
その資格を持つことによって、業務の幅が広がるからです。
若い年代の就職事情と、中高年になってからの就職事情は大きく変わっているでしょう。
しかし、どちらも資格を持っている方が重宝がられます。
行政書士試験は合格率も低く、難易度のレベルは高くなっています。
この資格を持っているということが、やる気の表れだと評価してくれるような職場を探すこともいいかもしれませんね。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験の講評

資格の合否はノートで決まると言われています。
行政書士試験の勉強方法については自分のやり方を変えていくことも大事です。
行政書士試験が今までどのような観点から出題されてきたのかを理解することによって、その勉強方法を考えていかなければならないのです。
行政書士試験のための通信教育講座などはたくさんあります。
しかし、受験者数に対する合格率は毎年変わっていません。
簡単には合格できないと言うことなのです。
あなたがこれから行政書士試験を受けようと考えているのであれば、テキストを購入する前にまずはどのような勉強をすればいいのかを知ることから始めましょう。
インターネットで行政書士試験を検索してみましょう。
そうすればたくさんのサイトが表示されるでしょう。
多くの人は通信教育で学ぼうと考えるのではないでしょうか。
もちろん、通信教育が悪いわけではありません。
しかし、合格率が低いのですから、多くの人がやっている勉強で問題ないのかを考えることも大事なのです。
過去問の一つ一つに講評しているサイトがあります。
それを読むとためになるのではないでしょうか。
実際の試験においては、すべての問題に正解を出す必要はありません。
解けない問題や難しい問題は後回しにしてよいのです。
それぞれの問題が難しいのか基本的な問題なのかを知ることは非常に重要です。
それによって、試験の時の時間配分も変わってくるからです。
行政書士試験の講師をしている人ならばそれがわかっているのです。
受験のための勉強と言うことになるのかもしれませんが、それで行政書士になれるのですから、割り切って勉強を進めてください。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験の突破塾

行政書士試験の合格を目指している人にとって参考となるホームページがありますのでご紹介しましょう。
行政書士試験突破塾です。
その名の通り、行政書士試験を合格で突破しようと言うものです。
合格のためにはどのような勉強をすればいいのかを、このホームページから探ってみませんか。
もちろん、すべて自分ができることではないかもしれません。
しかし、多くの先輩たちが苦労してきたことなどが体験談として掲載されています。
それを読むことによって、自分の勉強のやり方を見直してみるのです。
行政書士になったならば、法律関係の仕事をすることになるのかもしれませんが、まずは行政書士試験に合格することが先決です。
つまり、試験合格のための勉強に的を絞って進めていくことが肝心です。
過去問の分析から、試験がどのような観点で作成されていることを知ることは大事です。
ある程度の予想がつくならば、それは非常に合格に近くなるはずです。
もちろん、すべての問題が予想できるわけではありません。
しかし、試験の傾向と言うものはあるはずです。
大学受験などと同じように考えておきましょう。
傾向と対策が大事と言うことです。
行政書士試験の勉強をする時には通信教育講座などに申し込むこともいいでしょう。
自分に合った勉強のスタイルが大事なのです。
一発で合格した人たちがどのような勉強をしてきたのかを知ってください。
自分に不足しているのはどのような点なのかということです。
試験科目ごとにその特徴を理解して対策を練ってください。
突破塾はためになるサイトだと思います。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験の体験記

国家試験を受験する時には事前にいろいろな情報を入手しておく方がいいでしょう。
法律関係の国家試験である行政書士試験においても、それは同じことです。
行政書士試験は毎年合格率が1割未満の難関試験です。
行政書士試験の過去問はホームページや書籍を購入すればわかります。
しかし、実際にどのように勉強を進めていけばいいのかは体験した人のブログやメールなどが参考になるのです。
最近は資格取得ブームと言われていますが、行政書士試験を受ける人も年々増加しています。
合格率は変わりませんから、通常の勉強だけでは簡単に合格することはできないでしょう。
多くの人がどのような勉強方法を取っているのかを知ることも大事ですが、実際に合格した人の体験が一番ためになるはずです。
その体験談を読んだり、聞いたりすることで自分に不足しているものを考えてください。
人と同じようにやっても、合格できるとは限りません。
多くの人は勉強の方法はわかっているのに、それができないために合格できないのです。
一度不合格になって、再度の挑戦の人も多いでしょう。
それならばなおさら勉強のやり方を変えていくことが大事です。
勉強方法が去年と同じなら、結果も同じになる可能性が高いからです。
誰でも一発で合格したいと考えているでしょう。
しかし、それは一部の人にしかできないことかもしれません。
もちろん、最初からあきらめていては合格するのは無理です。
自分にできることやり遂げることが大事です。
法律のことを広く勉強するよりも、合格のための勉強に絞り込んでみる方が合格し易いようです。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験の難易度

資格試験と言うものはいろいろな種類がありますが、その中でも行政書士試験は最近人気を集めるようになってきました。
試験の難易度も高くなる傾向にあります。
行政書士試験に合格することにより、その職域が拡大されたことによる影響と考えられます。
試験内容としては最高裁の判例文を引用した問題や学説の理解を見るための問題などが出題されています。
かなり高度な法律の知識が必要な問題なのです。
それまでは幅広い法律の分野における基本的な問題が多かったようです。
合格率は2から5%程度となっていますから、かなり難易度が高いということです。
他の試験と比較すると、国家公務員2種試験と同じぐらいと考えられます。
それでも行政書士の試験を受ける人は年々増加傾向にあります。
ここ数年は合格率が高くなる傾向ですが、10%を越えることはほとんどないと考えていいでしょう。
行政書士試験の試験に合格したとしても、それだけの資格では就職することは難しいと言えます。
純粋に行政書士の収入だけでは生活できないのです。
行政書士の資格を持っている人は同時に税理士の資格を持っていることが多く、収入としては税理士としての収入が多くを占めているからです。
行政書士試験に合格して、行政書士の資格を取った場合にはその資格でなければできない業務と言うものがあります。
それは法律によって定められているのですが、それほど多くはありません。
それは行政書士法と言うもので法定業務として明示されているのです。
現実的には税理士や弁護士の役割を補完する形の資格とも言えるでしょう。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験の将来性

職業と言うものはいつの時代でも同じような仕事をしているわけではありません。
時代とともに仕事のやり方を変えていく必要があります。
また、それができなければ時代に取り残されて、ついには廃業せざるを得ないと言うことになるのです。
行政書士においても同じことです。
行政書士試験に受かったからと言って、それですべてがうまくいくわけではありません。
特に、最近のIT技術の進歩によって、単なる書類の作成と言うことは行政書士に依頼しなくても通常の人で可能となってきました。
行政書士試験を受ける時にはさまざまな手続きの書類作成が行政書士の仕事だと考えていたかもしれません。
しかし、それだけで行政書士が務まるわけではないのです。
また、それだけで食べていけるわけでもないのです。
行政書士の仕事の幅を自分で広げていくことを考えましょう。
もちろん、法律で定められた業務があります。
それは行政書士として間違いなく遂行できるのですが、その他の依頼人の希望をくみ取っていく裁量が欲しいものです。
行政書士は法律に詳しいということが当たり前ですから、それを武器にして仕事のやり方を考えていきましょう。
自分で仕事の範囲を狭めることのないようにしなければなりません。
いつでも相談していただけるように間口を広くしておくことです。
こんなことは行政書士の仕事ではないと言った考えは捨てなければなりません。
仕事の幅を広げていくことによって、行政書士の将来が見えてくると言ってもいいのではないでしょうか。
あなたは行政書士試験に合格したらどのような仕事をしていくのでしょうか。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験の試験科目

国家試験は出題範囲が事前に提供されており、その内容に従って受験勉強をすることになります。
行政書士試験は財団法人行政書士試験研究センターが実施しているのですが、その試験科目はホームページに掲載されています。
試験科目としては行政書士の業務に関して必要な法令等の問題で46題、行政書士の業務に関連した一般知識等から14題となっています。
法令等とは憲法、民法、行政法、商法、および基礎法学です。
もちろん、受験が実施される時に施行されている法律に基づくものです。
また、一般知識としては政治、経済、社会などに関したもので、情報通信、個人情報保護などの問題が出題されています。
具体的な問題は過去問を見ることでわかりますが、かなり広範囲の問題となっていると言えます。
結果として、難易度が高いということになるのです。
出題形式は法令等が択一式と記述式の問題です。
記述は40字程度となっています。
また、一般知識は択一式のみです。
どの問題でも、法律などについて深く理解していなければ解けないような問題です。
多くの人が受験しているのですが、10人に一人しか合格しないのです。
通信教育などで受験勉強することによって、合格への道を探ることが賢明です。
独学で合格しようと考えるのであれば、2,3年をかけて合格すればよいと思ってください。すでに税理士などの仕事をしながら受験する人も多いのですが、それでも合格する人は多くないのが現状なのです。
未成年者でも合格している人はいますから、ポイントを押さえて効率よく勉強することが大事なのです。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験の合格率

行政書士試験は各都道府県が独自に試験を行ってきました。
その当時は他の法律関連の試験に比べると、優しい試験となっていました。
しかし、行政書士試験が国家試験となってからは、難しい試験となってきたのです。
また、いろいろな資格を取得しようとする人が多いことや、行政書士の業務範囲が広がったことから、受験者数は年々増加傾向にあります。
それに対して合格率は1割未満の状態で推移しています。
この傾向は今後も変わらないのではないかと考えられます。
法律に関する問題などは最高裁の判例などを基にした問題が出題されており、深い理解をしていなければ解けないようになっているのです。
試験を実施している財団法人行政書士試験研究センターのホームページを見ると、合格者の分析が掲載されています。
年齢別、都道府県別などで分けられています。
都道府県別の合格率を見ると、東京、石川、愛知、京都、大阪、鳥取の各県が10%を越えていますが、全国で平均すると9%程度となっています。
都道府県による差はありますが、希望すればどこでも受験できますから、特別な理由があるわけではないでしょう。
また、年齢別の受験者を見ると、20代、30代で全体の3分の2程度を占めています。
やはり、法律関係の仕事に就こうと考えている人、すでにその仕事に就いている人が大半なのではないでしょうか。
また、性別の年齢別を見ると女性では20代、30代の受験者が4分の3以上を占めています。
これは法律関係への女性の進出が進んでいるためと考えられます。
試験ですから中高年になって受験するよりも、若い時に受験した方が合格率は高いことが結果から示されています。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験の概要

国家資格の中でも行政書士試験は難関なものに分類されます。
その行政書士試験の内容について紹介しましょう。
行政書士と言う資格は国への申請手続きなどの書類作成を行うための資格です。
この資格がなければできない業務と言うものが決められているのです。
試験は広く一般からの合格を想定していますが、内容が専門的ですから合格率は1割未満となっています。
受験資格は年齢、学歴、国籍など関係ありません。
誰でもが受験することができるのです。
未成年でも毎年合格者がいます。
試験は年1回で、11月に行われています。
試験科目は業務に関連した法令などから46問、一般知識から14問の合計60問です。
記述式と選択式の両方があります。
法令は憲法、行政法、民法、商法など多岐にわたっています。
試験の場所は受験機会を増やすために、各都道府県に一か所以上の会場が設けられます。
ほとんどが大学のキャンパスを使用して実施されているようです。
受験の申し込みはインターネットか郵送によります。
手続きの詳細については、財団法人行政書士試験研究センターのホームページなどに掲載されています。
受験の申し込みは8月から9月にかけてですから、遅れることのないようにしなければなりません。
受験料は7,000円です。
合格発表は翌年の1月末に行われており、センターの事務局に掲載されますが、ホームページでも受験番号で掲載されますから、自分の合否を確認することができます。
試験問題とその解答例は同じホームページに掲載されますから、過去問などを勉強する時には参考にしてよいでしょう。
試験に合格したら晴れて行政書士の資格を得たことになるのです。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験の申し込み

最近の国家試験ではたいていのものがインターネットを利用した申し込みができるようになっています。
行政書士試験も同様にインターネットまたは郵送で申し込みができます。
行政書士試験は財団法人行政書士試験研究センターが実施していますから、センターのホームページで申し込みをします。
試験の詳細については毎年7月に発表されています。
そして、8月から9月にかけて申し込み期間とされているのです。
インターネットでの申し込みはパソコンに慣れた人ならば簡単にできます。
ただし、受験費用の支払いはクレジットカード決済のみとなっています。
クレジットカードを持たない人は新たにカードを作るか、郵送での申し込みを行わなければなりません。
未成年者でない限り、たいていの人はカードを持っているのではないでしょうか。
また、行政書士試験は年に1回の実施ですから、申し込み期間を過ぎないように注意しておかなければなりません。
カレンダーなどに記載しておくといいかもしれませんね。
詳しいことはインターネットで調べるとすぐに出てきます。
試験の勉強ばかりをしていて、申し込むのを忘れたということのないようにしておきましょう。
郵送で申し込む時には申し込み用紙を送ってもらうか、各都道府県の県庁に出向いてもらってくるかしなければなりません。
これにも期間がありますから注意しておきましょう。
たくさんの人が行政書士試験を受けています。
そして、多くの人が不合格となっているのが現状です。
何度も受けていて申し込みの仕方だけ要領よくなったら悲しいものがありますね。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験の研究

国への申請などの手続きにおいては行政書士による書類作成が必要な場合があります。
行政書士と言う資格は現代の資格の中でも人気を集めているのです。
その行政書士試験は難易度が高く、合格者数はかなり低くなっています。
行政書士試験を受けようと考えているのであれば、じっくりと研究することが必要でしょう。
中には、何年もかかって行政書士試験に合格したと言う人もいます。
一発合格を目指すつもりならば、用意周到にしなければならないということです。
行政書士試験に関する情報はインターネットでたくさん見つかります。
それだけ、多くの人が受験しているということです。
行政書士試験の過去問から傾向と対策を考えることは大事です。
そして、そこから考えられる予想問題を解くのです。
勉強を始めたばかりの時は、裁判の判例などもよく理解できないかもしれません。
しかし、何度もそれを繰り返すのです。
そうすることによってたくさんの知識を身につけることができます。
また、一般知識の出題では直接行政書士と関係ない問題もあります。
そのような問題も抜かりなく勉強しておかなければならないのです。
行政書士の試験に合格してからの目的をはっきりさせることも大事です。
多くの人が行政書士の仕事を考えているでしょう。
もちろん、すべての人が行政書士の仕事に就けるわけではないのですが、試験で得たことが知識となって無駄はありません。
他の業務をする場合でも、それが役に立つはずなのです。
仕事と言うものは思いがけないところでつながっていると感じることがあるはずです。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

通信教育と行政書士試験

国家資格を取得しようと考える時には、どのような勉強方法を取ったらよいでしょうか。
一番確実な方法は通信教育かもしれません。
時間や場所に縛られることなく、勉強ができるからです。
それに対して、独学であれば試験の概要や傾向と対策まで自分で理解しながら勉強しなければなりません。
それだけ時間がかかると言うことでしょう。
通信教育で行政書士試験の勉強をする時にはたくさんの通信教育の業者がいますからじっくりと選ぶ必要があります。
それぞれの長所短所が明確にわかるわけではありませんが、インターネットの口コミなどを参考にするとよいでしょう。
行政書士試験に限らず、勉強と言うものは個人毎に少しずつ違っています。
人と同じ方法を取ったとしても合格できるかどうかはわからないのです。
行政書士の試験は合格率が10%未満の難関です。
まぐれで合格する性質の資格ではありません。
ですから、多くの人が学んでいる通信教育を選択することがいいのではないでしょうか。
業者によって月謝も異なっています。
サポート体制も違っているでしょう。
自分のレベルがどのくらいなのかによっても、選択すべき業者は変わってきます。
基礎がある人なら独学と言う選択もあるはずです。
法律の基本から学ばなければならないのであれば、通信教育でも難しいかもしれません。
法律の用語や裁判の流れなどが問題の中に出てきますから、それは基礎知識として持っておかなければならないのです。
多くの人が合格を目指して頑張っています。
あなたも合格するまであきらめずに頑張ってください。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験の成功

どのような試験であっても、それに受かるためのテクニックだけを考えている人がいます。
行政書士試験でもそのテクニックを使えば、短期間で行政書士試験に合格できると言う人もいるのです。
それが本当かどうかは別としても、個人の能力差がありますからすべての人が同じやり方で成功するとは言えないのです。
行政書士試験がその資格を取ると言うことだけのためにあるのであれば、それでもいいのかもしれません。
しかし、行政書士の資格は行政書士としての業務をするためのものであることを忘れてはいけません。
もちろん、資格を取ることで就職に有利になることは十分考えられますが、それだけで終わらせてはいけないのです。
多くの人が合格目指して勉強しているのですが、10人に一人ぐらいしか合格していません。
それだけ、難しいということでしょう。
勉強の仕方が悪いと言う場合もあります。
試験のための勉強をしなければ、どんなに頑張っても合格できません。
つまり、テクニックだけに固執することは問題でしょうが、傾向と対策を怠ることも問題なのです。
行政書士を目指している人にとっては、行政書士の試験は第一関門に過ぎないのです。
そこで無用な労力を使う必要はありません。
しかし、勉強したことは知識となりますから、全くの無駄ではないはずなのです。
試験に合格して、どのような道に進むのかはわかりませんが、勉強で得た知識を自分のものにすることが大事です。
自分の将来の姿を思い浮かべながら、試験の勉強を進めることで成功への道が見えてくるかもしれません。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験の過去問

国家試験に限らず試験の過去問題を解くと言うことは、合格を狙うためには非常に重要なことです。
行政書士試験においてもそれは有効です。
行政書士試験は行政書士試験研究センターが作成しています。
センターのホームページには問題とその回答が掲載されています。
ですから、特別にテキストを購入しなくても過去問を知ることができるのです。
もちろん、過去問をすべて暗記できたとしても行政書士試験に合格できるとは限りません。
また、多くの人が受験しているのですがその合格率は低いのが現状です。
それでは、過去問からどのようなことを学べばいいのでしょうか。
それは問題の傾向です。
どのような分野が出題されてきたのかを知ることで、どのような分野を重点的に勉強すればいいのかがわかるのです。
最近の傾向としては、裁判の判例などを示して、それに関する深い知識を持っていなければ解けないような問題が出されています。
一般的な知識を広く持っていても、合格できないということです。
多くの人が行政書士の試験を受けているのですが、簡単には合格していません。
行政書士試験を受けて、自分が何をしたいのかを明確にしておくことが大事です。
単に行政書士の資格を取りたいだけなのか、行政書士としての仕事をしたいのかによって大きく変わってくるでしょう。
試験に受かるだけならば、試験に出る事柄だけを覚えればいいのかもしれません。
受かるためのテクニックを身につけると言うことです。
しかし、実際の業務に活かしたいと考えているのであれば、それでは不十分と言えますね。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験のブログ

毎年行政書士試験を受けているのになかなか合格しないと言う人にはインターネットの活用をお勧めします。
インターネットでは行政書士試験に関するブログがたくさんあるのです。
合格者の行政書士によるブログもありますから、とても参考になるのではないでしょうか。
どのような勉強をすればいいのか、どのような問題が出てどのような視点から回答すればいいのかと言ったことを知ることができるのです。
行政書士試験の合格率は低いのですが、それでも毎年たくさんの行政書士が誕生しています。
その人たちのその後の仕事のことなども知ることができますね。
単に行政書士試験のためのテクニックを知ると言うことだけではなく、行政書士と言う資格とそれを取り巻く社会情勢を知ることは大事なことでしょう。
自分が何のために行政書士試験を受けようとしているのかを考えてください。
仕事につく時に有利だからというだけで行政書士の資格を取る人もいるでしょうが、その資格がどのような役割を持っているかを知ってください。
そうすることによって、行政書士試験に臨むモチベーションを高めることができるのです。
多くの人が合格したいと考えているのですが、世の中は甘くありません。
簡単には合格できないのです。
合格率は1割未満ですから、やる気だけでは足りません。
行政書士試験に関するブログにはモチベーションを高めてくれる情報がたくさんあると考えてよいでしょう。
また、試験に臨む時の具体的なアドバイスもありますから、ぜひ読んでみましょう。
知っておいて悪いことはありません。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする

行政書士試験センター

行政書士を目指そうとしているのであれば、まずは行政書士試験に合格しなければなりません。
行政書士になるためにはいくつかの方法があるのですが、その一つとして行政書士試験に合格することがあります。
この行政書士試験と言うのは財団法人の行政書士試験研究センターが行っているものです。
総務大臣による試験機関として認定されているのはこの試験センターだけです。
平成12年からその業務を始めています。
各都道府県において行政書士試験を実施する委託業務も行っているのです。
この方式は今後も変わることはないと考えられますから、実質的に行政書士試験研究センターが試験内容を決定し、実施していくということです。
財団法人ですから、業界からの寄付によって運営が行われています。
また、試験による収入もあります。
行政書士の試験を受ける人が最近は多くなってきましたから、その試験収入も比例して多くなっていると言われています。
試験センターを運営している理事たちはほとんどが行政書士であるか、税理士などの資格を持った人です。
行政士試験はその年によって国の政策が変われば、試験内容も変わってきます。
多くの人が受験するのですから、過去の問題や受験に関する情報を広く周知することが求められています。
現代の就職状況を考えた時に、行政書士の資格を持っていることは非常に重要なことと言えるでしょう。
また、大学で学んでいる人であれば行政書士の資格を取ることを考えておきましょう。
実際の就職がどのような方面であっても、法律に関することを知識として持っていることが強みになるのです。
posted by てる at 09:55 | TrackBack(0) | 行政書士試験 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。